九州お土産最終章! 久原本家さんのもつ鍋(醤油味)を食します!

グルメ

こんにちはhiroです。

今回も九州お土産のご紹介です。第三弾は「博多 椒房庵のもつ鍋(醤油味)」はご紹介させていただきます!

こちらの「もつ鍋」は先日ご紹介させていただいた「あごだしめんたいこ」と同じ久原本家さんの商品となります。あごだしめんたいこが凄く美味しかったので、こちらのもつ鍋も期待大です。それでは早速開封してみたいと思います。

パッケージ

頂いた商品は久原本家さんの「博多 椒房庵のもつ鍋(醤油味)」になります。

パッケージは黒い箱で「博多 椒房庵」の文字が書かれています。高級感が漂うパッケージですね。

ちなみに博多椒房庵さんは博多シティにお店があるようです。お店の名前は「明太料理 博多 椒房庵」となります。余談ですが「椒房庵」はパッケージに記載している通り「しょぼうあん」と読みます。(山椒の「椒」なので、フリガナがなければ「しょうぼうあん」と読んじゃいそうです。←ぼくがそうでしたw)

博多に行った際には一度訪れてみたいと思います。

開封

開封していきます。

中を空けるとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物は

  • 「ストレートスープ 600g」
  • 「もつ肉 1袋 250g」
  • 「ちゃんぽん麺 1袋」
  • 「ニンニク 1袋」
  • 「唐辛子 1袋」

が入っていて量は2~3人前となります。

ちなみに召し上がる際は使用前日に冷蔵解凍するか、仕様直前に流水解凍する形となります。

調理

作り方は以下となります。

  1. 具材(キャベツ、ニラ、ゴボウ、豆腐等)を適当な大きさに切ります。
  2. スープをよく振って鍋に入れ、沸騰したらもつ肉を入れ、アクをとります。
  3. その他の具材を入れ火が通ったら出来上がりです。
  4. 締めは残ったスープに凍ったままのちゃんぽん麺を入れ、ひと煮立ちさせて召し上がります。

実食

それでは早速いただきたと思います。

もつ肉がめっちゃぷりぷりで超美味です!

スープは焼きあごだしをベースに福岡県産丸大豆醤油を加えた物で、ものすごっくあっさりしています。もつ肉は基本脂っぽいですが、スープのまろやかさでしつこくなくどんどん食べれちゃいます。個人的にはもつ鍋はすごく好きで、お店で食べたりお取り寄せなんかもするのですが、その中でもかなりあっさり食べられる部類のもつ鍋だと思いました。

豆腐やキャベツ、ゴボウもスープによく絡み美味しくいただけました。ご飯にはもちろん、お酒にもとても合う一品です!

最後は締めのちゃんぽん麺です。

麺もこしがとても強く美味しかったです。本商品は2~3人前なのでちゃんぽん麺が1袋しか入っていませんでしたが、2~3袋入っていても食べれちゃいそうですw

余ったスープは冷蔵庫に入れ、次の日にご飯と卵を入れて雑炊にしていただきました。出汁が凄くきいてるので美味しくいただきました。(写真撮り忘れました、、)

レビュー

今回はお土産でいただいた「博多 椒房庵のもつ鍋(醤油味)」を美味しくいただきました。

スープがとてもあっさりしているので、いろいろな具材を入れても楽しめる一品だと思います。味はこちらの「醤油味」以外にも「味噌味」もあるので、次回は味噌味も食べてみたいと思いました。これからの時期は本格的に寒くなるので、部屋であったかいもつ鍋をみんなでつつくのもいいですね!

「久原本家」さんのホームページから購入も出来るようなので、気になる方は一度ご賞味ください!

ご馳走様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました